メインイメージ画像

最低4000万は必要!


大体どのくらいの資金が歯科開業をするのに必要となるのか考えている人もいっぱいいるのではないかと考えます。
多くの条件・要因によりいる資金は色々異なってくるのですが、開業時に必要な資金は設備投資資金と予測されます。通常歯科開業の場合、場所を借りても3000万オーバーで必須と予測されます。
その他にも歯科開業当初からの利益は見込めないので、歯科開業からしばらくは預金に頼って運用しなければならない公算が高いと予想します。

運転資金と呼ばれ、約1000万は考えていた方がいいと予測されます。
外科等などの開業よりも低いと言いますが、歯科開業にあたり約4000万を超える資金が必要となってくると考えられます。

予算を考えると、中古物件を買ったら考慮しなければいけないのは、改装になります。
改装には、外見から変える大きな全面改装から、壁紙、床など悪いところのみをかえる小規模な改装があります。

得た中古物件の状況にもよりますが、配管設備などが普通に機能することが可能であれば、最初に改装して欲しいのが、待合室と考えます。
以前の医院の待合所は暗い感じのものがいっぱいで、とてもゆっくりできる雰囲気とは言えないでしょう。診療する前のため神経質になっている皆さんがちょっとでもほっとできるような雰囲気を作るために少しでも暖かい壁紙にし、ソファーも若干高額のものにして下さい。その上、感染予防を目的とした消毒機器などの設置も喜ばれると思います。